オラクルカード(エンジェルカード)占いの基礎

オラクルカードとは、神や天使といった存在からのメッセージを受け取れるものとして古くから愛用されてきました。
本来は占いとは少し違うものだったのですが、最近はこのオラクルカードを使用した占いを行う占い師もどんどん増えてきています。

使い方としてはカードに書かれたものを見て、自分のインスピレーションからその内容を読み解いていくというものになります。一応それぞれのカードに意味はありますが、その意味に囚われすぎずに自由に読み取っていいのが特徴でしょう。
占いと少し違うと最初に触れたのは、オラクルカード自体に当たり・外れといった概念がないことが挙げられます。インスピレーションによって読み取るオラクルカードは、相談事に対しての解決というよりも、メッセージやアドバイスを伝えてくれると言った側面が強くあります。
過去や未来よりも今どうするべきかを大切にしていくために使われるものですので、「オラクルカードで占ってもらったのに全然当たらない!」というのは違います。

もらったアドバイスやメッセージをどう活かしていくのかが求められる訳です。